防水工事

劣化や老朽化から建物を守り、資産価値を維持するためにも防水工事は必要不可欠です。

防水機能が劣化すると、屋内に水が浸入し雨漏りやひび割れの原因となり、修復費用は非常に高額となります。

経験と実績のある職人が建物の状況を見極め最適な防水工事を選択し、最適な提案を行うことで、お客様へ安心と満足をお届けします。

シーリング防水

シーリング工事とは、外壁のつなぎ目(隙間)、サッシの金具と壁のつなぎ目などをシーリング材という防水効果の高い素材で埋める工事です。つなぎ目からの雨漏りを防ぐ目的のほか、地震などによる建物の揺れを伸縮性により緩和させる目的があります。

塗膜防水

液体状のウレタン樹脂を何層にも塗り付ける防水方法です。液体を利用するため凹凸や複雑な形状をした場所でも、継ぎ目無く防水膜を形成できるのが特徴です。ベランダや階段など建物のあらゆる場所に施工できる工法です。

アスファルト防水

加熱溶融されたアスファルトで、ルーフィング類を張り付ける防水工法です。時間を経ず硬化するため、防水層としての機能をすぐに発揮することができます。ルーフィングシートを積層することにより、非常に水密性に優れた防水層を構成することが出来るため、屋上緑化などでも利用されます。

シート防水

合成ゴムやプラスチックをシート状に加工した、耐候性や施工性に優れている防水シートです。伸縮性の高い素材を利用しているため、建物の収縮に対応が出来る優れた防水工法です。一方で薄いシートを利用するため、穴が空いてしまうなどのに衝撃に弱い特徴があります。

FRP防水

FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強されたプラスチック、という意味です。FRP衝撃性に強く、軽量で耐水性や成形性が高いなど数々の優れた特性を持っているため屋根やベランダなど広く使用されています。